えべっさん、って聞いたことあるでしょうか?
標準語でいうと「恵比寿講」だと思いますが、藤川町では昔「えべっさん」と言われる行事がありました。
これを思い出させてくれたのは、今日ご来店されたお客様との会話でした。
「若い頃はえべっさん、青年団というのがあってね。」という話から、「恵比寿講」というのがあって、町中のお店(八百屋さん・駄菓子屋さんなど)が、早朝にやってくる子供たちに果物やお菓子を配っていた事に話が及んだのです。
「大人になって外の人と話をするようになったら、えびっさんと言っていたものは恵比寿講だったとわかったんだけど、2月の中旬くらいにやってたんだよね」とのこと。「旧暦の正月だったらしいよ」というお話を聞いて、「そうだったなぁ。子どもの頃、まだ寒い早朝に起きて町中の店を回って、お菓子をたくさんもらってきたなぁ」と記憶がよみがえりました。

地元の方が来られると昔話に花が咲いて、すっかり忘れていた記憶が呼び戻される事が少なからずあるのですが、本当に楽しい会話でした。