月別アーカイブ 12月 2014

著者:紅屋かふぇ 店主

紅ずわいがにドリアと寒さで思い出したこと

紅ずわいがにドリア紅ずわいがにドリアです。

寒くなってきた季節には、チーズを使った食事は滋養がついていいですよね。

今年は早めの寒波襲来で、予定が狂ってしまうのですが、これも自然のなせるわざ!

先日お越しいただいたお客様と話していたら「私が子どもの頃は、この時期には霜がはったり、水瓶に氷が張ったりして楽しかった!今は、寒くて楽しむどころじゃないけどね(^^ゞ」と笑いながら話してくださいました。

そういえば確かに、道路が舗装されていない時代には、通学路にも霜がはって、サクッサクッと霜を押しつぶしながら歩くのが楽しかったり、バケツの水が凍った氷をきれいに持ち上げて、透かして見た事を思い出しました。

そうそう、田んぼにも氷が張っていてスケートリンクなどない時代でしたから、靴のままで田んぼでスケートしてました(^_^;)
切り株が有るので、それを避けながら滑るのも楽しかったですね!

 

著者:紅屋かふぇ 店主

ねぎ塩カルビ炒飯

ねぎ塩カルビ炒飯軽食メニューに「ねぎ塩カルビ炒飯」を追加しました。

店内のメニューにも加えたところ、さっそく「あっ!お父さんの好きな”ねぎ塩カルビ”が有るよ!」と言ってくださった方が有りました。

何というグッドタイミング(^^ゞ

炒め卵炒飯もご好評をいただいていますが、ねぎ塩カルビ炒飯も、喜んでいただけそうで嬉しい一日でした。

著者:紅屋かふぇ 店主

わらじで歩く東海道五十三次

わらじで歩く東海道五十三次

昨日、東海道を歩く旅人がご夫妻で来店されました。

奥様の後に入ってみえたご主人の姿を見て驚きました。
江戸時代さながらに着流し(?)に振り分け、笠をかぶって入ってみえたのです。

ここ藤川宿で開店して一年余、笠をかぶってみえた方は有りましたが、着流しに振り分けとは、その懲り様に脱帽!
それも、この寒い時期ですからね!

色々とお話をしている内に足許を見せられて「ほらっ!わらじ履きだよ!」とお手製のわらじを見せてくださいました。

残念ながら、お写真を撮らせていただくのを忘れてしまいましたが、帰りがけにどんぐりをくださいました。

これがその「どんぐり」です。

わらじで歩く東海道五十三次

 

 

 

 

 

わらじで歩く東海道五十三次どちらが表なのか裏なのか、勝手に決めてはいけませんが、上の写真には猫ちゃんらしい絵が描いてあります。
左の写真には「わらじで歩く東海道五十三次 本橙」とあります。(橙の字は、もしかしたら間違って読んでいるかもしれませんが)

埼玉県にお住まいで、今年の四月から日本橋を出発され、今回で8回目くらいの旅という事でした。
今回は、四日市まで行って、次回は春に三条に到着する予定をしてみえるそうです。
(さすがに寒い時期に鈴鹿越えは大変ですからねぇ!)

元気で京・三条まで無事に到着される事をお祈りいたします。